高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

災害教訓、朝倉から発信を 中村哲氏、用水路モデルの地へエール – 西日本新聞

江戸時代(1790年)築造の堰が今も使われているのが大きかった。築造に大型の重機も要らず、コストもかからない。補修も簡単。増水時は水の勢いを抑制し、渇水時にも水が取水口に向かう。人の欲望と安全は反比例するが『水は欲しい。でも洪水は起きてほしくない』を両立 ...

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitterでも配信中です。