高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

――

2020、東京ディズニーランド再度爆誕――「美女と野獣」や「ベイマックス」アトラクションはここまでできていた (1/2) – ねとらぼ

2020、東京ディズニーランド再度爆誕――「美女と野獣」や「ベイマックス」アトラクションはここまでできていた (1/2) – ねとらぼ
東京ディズニーリゾートは2018年12月6日、現在工事中のエリアを報道関係者に向け初めて公開しました。このエリアは元「グランドサーキット・レースウェイ」のあった場所で、現在では壁に囲われ、重機が一生懸命、夢と魔法を作り出していたところです...
この記事の続きをよむ

第194回 第3段階に入った公共インフラの民営化(上)――これまでの総括と今後の展望 – 日経テクノロジーオンライン

第194回 第3段階に入った公共インフラの民営化(上)――これまでの総括と今後の展望 – 日経テクノロジーオンライン
第2段階までは、ゼネコンを除くと担い手はサントリーパブリシティサービスなどの専門企業、あるいは地元のビルメンテナンス会社などだった。ところ...
この記事の続きをよむ

コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業 … – business network.jp

コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業 … – business network.jp
ニュースイッチ NewswitchコマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業 ...AIやIoT基盤を手がけるオプティムが2017年12月に設立した「スマート農業アライアンス」。18品目18都道府県...
この記事の続きをよむ

アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明 – 時事通信

アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明 – 時事通信
アクセンチュアが、世界6カ国(日本、中国、フランス、ドイツ、イタリア、米国)、6業界(自動車、トラック、自動車部品、産業/電気機器、重機、耐...
この記事の続きをよむ

ドローンのパイロット派遣と機器メンテナンスでコマツと提携――ミライト … – @IT MONOist

ドローンのパイロット派遣と機器メンテナンスでコマツと提携――ミライト … – @IT MONOist
ドローンのパイロット派遣と機器メンテナンスでコマツと提携――ミライト ...ミライト・ホールディングスのグループ会社であるミライト・テクノロジーズは2018年4月18日、全国規模でのドローン(無人航空機)運用サー...
この記事の続きをよむ

『ル・ボラン2018年3月号』――映画に似合うイタリア車とフランス車の魅力とは – GetNavi web (ブログ)

『ル・ボラン2018年3月号』――映画に似合うイタリア車とフランス車の魅力とは – GetNavi web (ブログ)
車が大きな役割を果たす映画がある。いや、こう言おう。大道具にすぎないはずの車が、映画そのもののテイストを決めてしまうことがある。『007』シリーズや『ゴッ...
この記事の続きをよむ

南大東島(沖縄)――開拓民の文化に触れる – 読売新聞

南大東島(沖縄)――開拓民の文化に触れる – 読売新聞
私も『八丈系』なんですよ」。案内を頼んだ南大東村観光協会スタッフの菊池涼子さん(60)が教えてくれた。曽祖父母が16年に八丈島から入植し、菊池さんは4代目...
この記事の続きをよむ

南大東島(沖縄)――開拓民の文化に触れる : 最新ニュース : 読売新聞 … – 読売新聞

南大東島(沖縄)――開拓民の文化に触れる : 最新ニュース : 読売新聞 … – 読売新聞
南大東島(沖縄)――開拓民の文化に触れる : 最新ニュース : ...琉球と和、響き合う地 楕円(だえん)形の葉を茂らせる常緑樹「フクギ」の並木を抜ける...
この記事の続きをよむ

7年後の被災地――戦場カメラマンが「重なる写真」で問い続ける復興の意味と、「重なることのない」人々の記憶 – ニフティニュース

7年後の被災地――戦場カメラマンが「重なる写真」で問い続ける復興の意味と、「重なることのない」人々の記憶 – ニフティニュース
あの時、被災地の惨状を目撃した写真家・八尋 伸(やひろ・しん)にとって、いつからかそれはライフワークと呼べるものになっていたのかもしれない。 1年後、3年後、...
この記事の続きをよむ

7年後の被災地――戦場カメラマンが「重なる写真」で問い続ける復興の意味と、「重なることのない」人々の記憶 – 株式会社集英社

7年後の被災地――戦場カメラマンが「重なる写真」で問い続ける復興の意味と、「重なることのない」人々の記憶 – 株式会社集英社
あの時」の光景を微塵(みじん)も感じさせない町の変わりように、ここ数年はただただ驚くばかりだ。訪れるたびに変わる道、区画整理のたびに移転する仮設商店、解...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。