高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44830件

イチゴ

イチゴの有望新品種開発 「栃木i37号」 甘味強く収量多い 「とちおとめ」と共存可能 – 日本農業新聞

イチゴの有望新品種開発 「栃木i37号」 甘味強く収量多い 「とちおとめ」と共存可能 – 日本農業新聞
栃木i37号」は①酸味が少なく、甘さが際立つ②生産現場で防除が難しい萎黄(いおう)病への耐病性に優れる③収穫始めが10月下旬と早い④と...
この記事の続きをよむ

栃木)新イチゴ「栃木i37号」 「とちおとめ」しのぐ – 朝日新聞社

栃木)新イチゴ「栃木i37号」 「とちおとめ」しのぐ – 朝日新聞社
収穫時期は10月下旬と比較的早く、収量、粒の大きさはとちおとめの1・3倍。味わいは酸味が少なく、甘さが際立っていて、生産現場での防除が難し...
この記事の続きをよむ

イチゴでアブラムシ類の発生が – 農業協同組合新聞

イチゴでアブラムシ類の発生が – 農業協同組合新聞
発生密度が高くなってからでは防除が困難となるため、ほ場の観察をきめ細かく行い、発生初期に防除を実施すること。同虫は、薬剤抵抗性を獲得し...
この記事の続きをよむ

小型で低価格、省電力実現 イチゴ苗病害虫を蒸気で防除 九州沖縄農研センター – 全国農業新聞

小型で低価格、省電力実現 イチゴ苗病害虫を蒸気で防除 九州沖縄農研センター – 全国農業新聞
農研機構九州沖縄農業研究センターは福岡、佐賀、熊本各県の農業研究センターなどと共同で、小型で使いやすいイチゴ苗の蒸熱処理防除装置を開...
この記事の続きをよむ

取れたてイチゴをぱくり 大仙市の園児が収穫体験 – 47NEWS

取れたてイチゴをぱくり 大仙市の園児が収穫体験 – 47NEWS
秋田県大仙市大曲の日の出ベビー保育園の園児が5日、同市内小友のハウスでイチゴ狩りを楽しみ、取れたてを味わった。 ハウス...
この記事の続きをよむ

トマト・イチゴなどにも「アグリメック」を シンジェンタ ジャパン一覧へ – 農業協同組合新聞

トマト・イチゴなどにも「アグリメック」を シンジェンタ ジャパン一覧へ – 農業協同組合新聞
シンジェンタ ジャパン(株)は、同社が販売する殺虫剤「アグリメック」が、3月30日付でトマト・キュウリ・カンキツ・イチゴにも適用拡大したと発表した。 アグリメック...
この記事の続きをよむ

ハダニ類発生、イチゴ注意を 県農業技術防除センター – 佐賀新聞

ハダニ類発生、イチゴ注意を 県農業技術防除センター – 佐賀新聞
佐賀県内のイチゴにハダニ類の発生が増加しているとして、県農業技術防除センターは1月30日、病害虫発生予察注意報を出した。ほ場の状況を確認し、発生してい...
この記事の続きをよむ

船橋・アンデルセン公園近くに新イチゴ狩り園 千葉の新品種や白イチゴも – 船橋経済新聞

船橋・アンデルセン公園近くに新イチゴ狩り園 千葉の新品種や白イチゴも – 船橋経済新聞
オリジナル品種の白いイチゴ(関連画像) 園主の高橋弘道さんは市内旭町でイチゴ園「○甚(まるじん)農園」の園主をしていたが、息子の武人さんに後を譲った。 大...
この記事の続きをよむ

イチゴ商戦ピークへ 独自品種で高級感 味、香り、大玉 多彩に ギフトも好調 – 日本農業新聞

イチゴ商戦ピークへ 独自品種で高級感 味、香り、大玉 多彩に ギフトも好調 – 日本農業新聞
実証研究は、酒類総合研究所が代表機関となり、山梨県果樹試験場など10の共同研究機関と、道産ワイン懇談会など10の研究協力機関が「日本ワインの競争力強...
この記事の続きをよむ

飛ばないテントウムシは害虫退治の助っ人だ イチゴなど施設園芸向け 県立農業大学校が商品化 – 東京新聞

飛ばないテントウムシは害虫退治の助っ人だ イチゴなど施設園芸向け 県立農業大学校が商品化 – 東京新聞
成田西陵高校の生徒が二〇一三年に開発。一四年に特許を出願していた。 試験販売段階では、プラスチック箱から農家が筆を使って五ミリほどのナミテントウを取...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。