高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

初適用

シイタケ害虫防除 天敵製剤が有効 7週間、発生半分以下 森林総研 初適用へ手引も – 日本農業新聞

シイタケ害虫防除 天敵製剤が有効 7週間、発生半分以下 森林総研 初適用へ手引も – 日本農業新聞
森林総合研究所などは、シイタケの害虫を天敵生物で防除できることを確認した。線虫剤やBT剤といった天敵製剤を散布すると、子実体を食害する...
この記事の続きをよむ

三井住友建設/フルPCa工法を海外で初適用/マレーシアで、施工生産性を3倍に向上 [2017年9月7日3面] – 日刊建設工業新聞社 (会員登録)

三井住友建設/フルPCa工法を海外で初適用/マレーシアで、施工生産性を3倍に向上 [2017年9月7日3面] – 日刊建設工業新聞社 (会員登録)
三井住友建設は6日、プレキャストコンクリート(PCa)部材を用いて工期短縮を図るスクライム工法を海外工事で初めて適用したと発表した。マレ...
この記事の続きをよむ

竹中工務店/軟弱地盤水平力低減工法を超高層建築物に初適用/破砕用重機活用 [2017年7月10日3面] – 日刊建設工業新聞社 (会員登録)

竹中工務店/軟弱地盤水平力低減工法を超高層建築物に初適用/破砕用重機活用 [2017年7月10日3面] – 日刊建設工業新聞社 (会員登録)
竹中工務店は、軟弱地盤の改良技術と組み合わせることで、水平力への抵抗力を高める同社の独自技術「ソイルクラベット工法」を超高層建築物...
この記事の続きをよむ

持病不申告、書類送検へ改正道交法、静岡県内初適用 – @S[アットエス] by 静岡新聞

持病不申告、書類送検へ改正道交法、静岡県内初適用 – @S[アットエス] by 静岡新聞
改正道交法は、栃木県鹿沼市でクレーン車にはねられた小学生6人が死亡した事故(11年4月)や、京都市の祇園で通行人7人が死亡、12人が重軽...
この記事の続きをよむ

<社説>土砂条例初適用 自然保全の試金石にしたい – 琉球新報

<社説>土砂条例初適用 自然保全の試金石にしたい – 琉球新報
国内ではマングースやアライグマ、タイワンリス、ブラックバスなど80種類を超える外来生物がもともといた生物の生存を脅かすとして、駆除の対象にな...
この記事の続きをよむ

病気隠して免許更新 改正道交法、県内初適用 容疑の男を書類送検 千葉県警 – 千葉日報

病気隠して免許更新 改正道交法、県内初適用 容疑の男を書類送検 千葉県警 – 千葉日報
2011年、栃木県鹿沼市でクレーン車の運転手がてんかんの発作で意識を失い、小学生6人をはねて死亡させた暴走事故を受け、てんかんや統合失調症など運転に支障を及ぼす可能性のある病気について、免許証の取得者や更...
この記事の続きをよむ

竹中工務店は作業効率を落とさずに製品や情報を守る防犯機能を実現する「非権限者検知システム」を初適用

株式会社竹中工務店は、監視エリアに入る権限を持たない人物がエリアへ侵入したことを検知する「非権限者検知システム」を同社設計施工の倉庫に初適用した。 従業員や警備員が常時監視する必要がなくなる 本システムは、設定した監視エ…

西松建設はセメントを用いない環境に優しい新製品(ジオポリー)を開発 ~実構造物の外構に初適用~

  西松建設(株)は、日本興業(株)、一宮一夫教授(大分工業高等専門学校)、池田攻名誉教授(山口大学)と共同で、セメントを用いない環境に優しい新材料(ジオポリマー)の研究開発を積極的に進めている。 その成果の第…

大林組は圧縮強度180N/mm2の超高強度材料「スリムクリート」を港湾施設補修に初適用

 株式会社大林組は、常温で硬化する高性能モルタル材料である「スリムクリート」を、港湾桟橋リニューアル工事に初適用したと、7月14日発表した。  従来、沿岸構造物をコンクリートにより補修する際には、塩害を防ぐためにコンクリ…

Twitterでも配信中です。