高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 42086件

高圧放水車

大韓航空の777、タービンディスク破断で火災か 16年5月、羽田の航空事故 – Aviation Wire

大韓航空の777、タービンディスク破断で火災か 16年5月、羽田の航空事故 – Aviation Wire
2年前の2016年5月、大韓航空(KAL/KE)の羽田発ソウル(金浦)行きKE2708便(ボーイング...
この記事の続きをよむ

韓国:警察、「違法性」知りつつ双竜車ストに多目的発射機使用 – レイバーネット日本

韓国:警察、「違法性」知りつつ双竜車ストに多目的発射機使用 – レイバーネット日本
警察は使ったテイザー・ガンはX26機種で、5万Vの高圧を使う。 長さ130mm、重さ340gの ... この他にも警察は催涙液、放水車、ヘリコプター、...
この記事の続きをよむ

【経産省】7月5日からの大雨に係る被害・対応状況について(7月8日(日曜日)16時00分時点) – 経済産業省 (プレスリリース)

【経産省】7月5日からの大雨に係る被害・対応状況について(7月8日(日曜日)16時00分時点) – 経済産業省 (プレスリリース)
ダム放水の影響で一時作業を中断したが、現在移動用キュービクル車1台を派遣し、配電線との接続作業は実施済み。現在、確認試験を実施中。今から ...
この記事の続きをよむ

【社説】暴力デモ鎮圧で有罪の機動隊員、支援に乗り出した警察官たち – 朝鮮日報

【社説】暴力デモ鎮圧で有罪の機動隊員、支援に乗り出した警察官たち – 朝鮮日報
農業に従事していた白南基(ペク・ナムギ)氏がデモ参加中に機動隊の高圧放水で死亡した事件を巡り、業務上過失致死で有罪となった複数の機動隊員を支援する...
この記事の続きをよむ

【社説】違法デモを許し警察の対応を問題視する偽善政府 – 朝鮮日報

【社説】違法デモを許し警察の対応を問題視する偽善政府 – 朝鮮日報
警察官や機動隊員などおよそ100人が負傷し、機動隊の人員輸送車も50台が破損した。デモに参加していた農業ペク・ナムギ氏は機動隊による高圧...
この記事の続きをよむ

韓国憲法裁判所「殺傷能力高めた“催涙液放水銃”は違憲」 – The Hankyoreh japan (風刺記事) (プレスリリース)

韓国憲法裁判所「殺傷能力高めた“催涙液放水銃”は違憲」 – The Hankyoreh japan (風刺記事) (プレスリリース)
さらに「危害性警察装備は、本来の使用方法により指定された用途で使われるべきで、他の用途や方法で使うためには必ず法令上の根拠がなければな...
この記事の続きをよむ

空飛ぶホースで消火=東北大など高圧噴射ロボット開発 – 時事通信

空飛ぶホースで消火=東北大など高圧噴射ロボット開発 – 時事通信
東北大や八戸工業高等専門学校などの研究グループは30日、高圧噴射で空中に浮きながら火元に放水するホース型の消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発したと発表した。消防士は火元に飛び込まず、迅速に消火することができる。グループは、...
この記事の続きをよむ

空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初) – 科学技術振興機構

空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初) – 科学技術振興機構
本研究で開発した「ドラゴンファイヤーファイター」は、水を噴射することによって消火ホースが空中を飛行しながら火元まで移動し、ピンポイントで火元への放水を可能...
この記事の続きをよむ

空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初) – 科学技術振興機構

空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初) – 科学技術振興機構
本研究で開発した「ドラゴンファイヤーファイター」は、水を噴射することによって消火ホースが空中を飛行しながら火元まで移動し、ピンポイントで火元への放水を可能...
この記事の続きをよむ

東北大、空飛ぶ消火ロボ 水の力で浮上し建物に侵入 – 日本経済新聞

東北大、空飛ぶ消火ロボ 水の力で浮上し建物に侵入 – 日本経済新聞
消防車からロボット内部に高圧の水を流すと、噴射口から下の方に向けて高速で水を出し、ロボット本体が浮く。噴射方向を切り替えれば、ロボット...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。