高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 37777件

重機

重機操作者養成 独居高齢者支援 散居村の除雪 住民フル稼働 – 中日新聞

重機操作者養成 独居高齢者支援 散居村の除雪 住民フル稼働 – 中日新聞
記録的な大雪の中、除雪車がうなりを上げて進む。運転しているのは建設業者ではなく、住民自身だ。富山県砺波市は、市内の各地区(自治振興会)に市道の除雪を委...
この記事の続きをよむ

イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑 – 毎日新聞

イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑 – 毎日新聞
県むつ水産事務所の調査で、陸奥湾にたびたび出入りするオオギハクジラと判明。同事務所普及課の小泉慎太朗さんは「腐敗の状態などから、海中で何らかの...
この記事の続きをよむ

豊島からまた産廃汚泥 県が処分方法検討 – 毎日新聞

豊島からまた産廃汚泥 県が処分方法検討 – 毎日新聞
BIGLOBEニュース香川県は23日、不法投棄された産業廃棄物の搬出が昨春終わった豊島(同県土庄町)の処分地で産廃汚泥約30トンが新たに見つかったと発表した。1月下旬に確認された産廃汚泥約85トンのすぐ南側で発見され、県は全量を重機で取り...
この記事の続きをよむ

ミャンマーのロヒンギャ集落55か所が更地に、人権団体が非難 – AFPBB News

ミャンマーのロヒンギャ集落55か所が更地に、人権団体が非難 – AFPBB News
ミャンマー側はこれを否定しているものの、ロヒンギャ数千人が殺害されたとみられる地域への国連調査団の立ち入りは拒否し続けている。 ロヒンギャ難民の話で...
この記事の続きをよむ

ロヒンギャ村、重機で次々整地=人権侵害の証拠隠滅か-ミャンマー – 時事通信

ロヒンギャ村、重機で次々整地=人権侵害の証拠隠滅か-ミャンマー – 時事通信
ミャンマー西部ラカイン州のロヒンギャの村の衛星写真。左は重機で整地される前の昨年12月2日、右は整地後の今月1日に米デジタルグローブ社が撮影した=ヒューマン・ライツ・ウオッチ提供. 【バンコク時事】国際人権団体ヒューマン...
この記事の続きをよむ

軽油消費が増加、豪雪で除雪向け需要旺盛 ガソリンは不振続く – 日本経済新聞

軽油消費が増加、豪雪で除雪向け需要旺盛 ガソリンは不振続く – 日本経済新聞
軽油の販売が伸びている。寒波による豪雪で除雪車向けの需要が旺盛なほか、物流量が伸びるトラックや建設現場の重機向けの消費も増えている。高値や雪による外...
この記事の続きをよむ

日本・南米間農業経済セミナー – サンパウロ新聞

日本・南米間農業経済セミナー   – サンパウロ新聞
従業員総数は約100人のうち日系が11人と、その1割を占める。 (1)は農業及び加工業が中心で、サイロがイグアス市など2カ所にあり、2つで約8000トンの収容能力があ...
この記事の続きをよむ

伐採始める 市民団体抗議、市が作業中断 /東京 – 毎日新聞

伐採始める 市民団体抗議、市が作業中断 /東京 – 毎日新聞
フェンス外にある約10本の樹木も、3月中旬までに伐採・移植する。工事は原則、平日の午前8時~午後6時に行う。 22日は午前8時10分過ぎ、伐採中止を求め...
この記事の続きをよむ

街歩きの楽しみ 音の風景「サウンドスケープ」 – tenki.jp

街歩きの楽しみ    音の風景「サウンドスケープ」 – tenki.jp
これらの音は日常生活のリズムの一部となっていることも多いのではないでしょうか。 なかでも建設現場の音や飛行機の発着音などは「騒音」と位置づけられて...
この記事の続きをよむ

雪上バイクレース 準備着々 25日 長岡小国で3年ぶり開催 – 新潟日報

雪上バイクレース 準備着々 25日 長岡小国で3年ぶり開催 – 新潟日報
関係者は「雪の上での華麗なハンドルさばきやジャンプを楽しんでもらえたら」と呼び掛けている。 エンデューロ大会は雪原をオフロードバイクで走行する耐久レースで、「お...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。