高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44335件

事業

コムシードがオンラインクレーンゲーム事業参入に向けた資本業務提携を実施 – 4Gamer.net

コムシードがオンラインクレーンゲーム事業参入に向けた資本業務提携を実施 – 4Gamer.net
SocialGameInfoスマートフォンゲームアプリの企画開発・サービスを手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CTO:羽成正己、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)は、オンラインクレーンゲーム事業を行う新...
この記事の続きをよむ

コムシード、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資 海外 … – SocialGameInfo

コムシード、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資 海外 … – SocialGameInfo
コムシード、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資 海外 ...コムシード<3739>は、11月9日、オンラ...
この記事の続きをよむ

コムシード、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資 海外マーケットを中心としたオンラインクレーンゲーム事業に参入 – SocialGameInfo

コムシード、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資 海外マーケットを中心としたオンラインクレーンゲーム事業に参入 – SocialGameInfo
コムシード<3739>は、11月9日、オンラインクレーンゲーム事業を行う新会社GRIPに出資し、同社と業務提携することで、アジア・北米など海外マーケットを中心としたオンラインクレーンゲーム事業に参入することを発表...
この記事の続きをよむ

米制裁下の活路 シリア・イラクに イランしたたか 復興事業で影響力 – 東京新聞

米制裁下の活路 シリア・イラクに イランしたたか 復興事業で影響力 – 東京新聞
トランプ米政権のイラン核合意離脱に伴う経済制裁は、イランを孤立化させ、核合意の見直しや弾道ミサイル開発断念などを迫る「兵糧攻め」の戦略...
この記事の続きをよむ

日本車両製造が大幅反発 建機事業好調で業績上振れ – 朝日新聞社

日本車両製造が大幅反発 建機事業好調で業績上振れ – 朝日新聞社
これを受け、通期の営業利益予想を従来予想比64.3%増の46億円(前期実績72億6600万円)、最終損益予想を95.5%増の43億円(同82...
この記事の続きをよむ

平成30年度都立学校活用促進モデル事業事業協力-車いすテニス体験教室、10月~12月まで5回開催- – ニコニコニュース

平成30年度都立学校活用促進モデル事業事業協力-車いすテニス体験教室、10月~12月まで5回開催- – ニコニコニュース
首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:堀江泰、 03-5213-472...
この記事の続きをよむ

平成30年度都立学校活用促進モデル事業事業協力-車いすテニス体験教室、10月〜12月まで5回開催- – BIGLOBEニュース

平成30年度都立学校活用促進モデル事業事業協力-車いすテニス体験教室、10月〜12月まで5回開催- – BIGLOBEニュース
首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:堀江泰、 03-5213-472...
この記事の続きをよむ

TIS、サービスロボットのSI事業を開始、警備や清掃など人の業務の一部をロボットが代行 – IT Leaders

TIS、サービスロボットのSI事業を開始、警備や清掃など人の業務の一部をロボットが代行 – IT Leaders
TISは現在、RoboticBaseの開発に向けて、ゼネコン、デベロッパ、ビルメンテナンス企業などを含むビルメンテナンス市場の様々なプレイヤとの協業の準備を進めている。 背景には、安価で汎用性のあるロボットが少なく、システム構築費用も高額のため、ロボットの活用が進んで ...
この記事の続きをよむ

TIS、ロボット間の連携やデータ共有が可能な「RoboticBase」の提供開始と共に、サービスロボットインテグレーション事業へ参入 – ロボスタ

TIS、ロボット間の連携やデータ共有が可能な「RoboticBase」の提供開始と共に、サービスロボットインテグレーション事業へ参入 – ロボスタ
TISでは「サービスロボットインテグレーション事業」を、まずは警備や案内、運搬、清掃など業務代行のニーズがあるビルメンテナンス市場向けに展開し...
この記事の続きをよむ

【特集2】「伝える力」をDVDで教育 熟練者のノウハウ継承へ 日本通運 重機建設事業部 – 労働新聞社

【特集2】「伝える力」をDVDで教育 熟練者のノウハウ継承へ 日本通運  重機建設事業部 – 労働新聞社
労働災害は、情報が共有されていないことで起こることが少なくない。日本通運㈱(本社=東京・港区)の重機建設事業部では、作業内容などが正しく...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。