高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 37777件

協同組合

JAながのの合併(2)-営農指導・販売体制 – 農業協同組合新聞

JAながのの合併(2)-営農指導・販売体制 – 農業協同組合新聞
技術員は地区の営農センター、その中のアグリサポートセンターに配置される。 この技術員のなかから広域技術員9名をブロックとの兼任で置いたのが新機軸である...
この記事の続きをよむ

全農が目指す農業ICT一覧へ – 農業協同組合新聞

全農が目指す農業ICT一覧へ – 農業協同組合新聞
図2は、近畿地方のある法人を「Z-BFM」でシミュレーションしたものだ。「現状」(図の上)は常時雇用者4名の労働時間256時間/旬、水稲反収300~400kg、農業...
この記事の続きをよむ

【山崎周二JA全農代表理事専務に聞く】農家手取り確保のため さらなる「自己改革」を一覧へ – 農業協同組合新聞

【山崎周二JA全農代表理事専務に聞く】農家手取り確保のため さらなる「自己改革」を一覧へ – 農業協同組合新聞
畜産関係でもファームノート社に出資していますし、ほ場の栽培、施肥、防除などのデータを確認できる地図情報をベースにした「全農版クラウド型地図情報システム」(仮...
この記事の続きをよむ

画期的な殺線虫剤「ビーセム粒剤」を発売 – 農業協同組合新聞

画期的な殺線虫剤「ビーセム粒剤」を発売 – 農業協同組合新聞
バイエルクロップサイエンス(株)は2月9日から、新開発殺線虫剤「ビーラム粒剤」の販売を開始した。その発売を記念した記者発表会が14日、都内で行われ...
この記事の続きをよむ

ハダニ類が九州から南関東で発生と予想一覧へ – 農業協同組合新聞

ハダニ類が九州から南関東で発生と予想一覧へ – 農業協同組合新聞
縞葉枯病は、ヒメトビウンガによって媒介されるウイルス病であることから、同虫を対象とした防除が必要となる。近年、発生量が増加傾向にある地域では、冬季期間中に...
この記事の続きをよむ

ハダニ類が九州から南関東で発生と予想一覧へ – 農業協同組合新聞

ハダニ類が九州から南関東で発生と予想一覧へ – 農業協同組合新聞
縞葉枯病は、ヒメトビウンガによって媒介されるウイルス病であることから、同虫を対象とした防除が必要となる。近年、発生量が増加傾向にある地域では、冬季期間中に...
この記事の続きをよむ

農業大学校生5名に奨学金 (公財)報農会一覧へ – 農業協同組合新聞

農業大学校生5名に奨学金 (公財)報農会一覧へ – 農業協同組合新聞
... (公財)報農会は、2月7日、平成29年度就農希望者への奨学金贈呈について審査委員会を聞き、各校より提出された研究報告を審査し、5名の農業大学校...
この記事の続きをよむ

真のセーフティネットとは何か一覧へ – 農業協同組合新聞

真のセーフティネットとは何か一覧へ – 農業協同組合新聞
また、被害を未然に防止するための病虫害防除などの幅広いリスク・マネジメント活動も展開されている。こうした相互扶助の共済を、簡素化すれば効率化されると短...
この記事の続きをよむ

新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」を販売 日本農薬 – 農業協同組合新聞

新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」を販売 日本農薬 – 農業協同組合新聞
日本農薬の殺線虫剤「ネマクリーン粒剤」10kg 「ネマクリーン粒剤」の有効成分フルオピラムは、バイエルクロップサイエンス(株)が発明し、日本農薬が殺センチ...
この記事の続きをよむ

高まる消費者の関心 更新100%の種子供給へ【糸賀秀徳・JA茨城県中央会県域営農支援センター副センター長】 – 農業協同組合新聞

高まる消費者の関心 更新100%の種子供給へ【糸賀秀徳・JA茨城県中央会県域営農支援センター副センター長】 – 農業協同組合新聞
昨年3月の193回国会で主要農産物種子法の廃止が決まり、平成30年4月1日から法律が廃止されます。国会での審議は僅か5時間で、農業関係者のみならず...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。