高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44845件

教授

昆虫にウオーキングは逆効果? 岡山大大学院・宮竹教授ら確認 – 山陽新聞

昆虫にウオーキングは逆効果? 岡山大大学院・宮竹教授ら確認 – 山陽新聞
24世代目の雌が30分間に歩いた距離は、ロング系統2000~2500ミリに対してショート系統100~200ミリ。両系統の雌に卵を50日間産ませて数...
この記事の続きをよむ

共生細菌が示す第3形態のべん毛運動を発見 — 学習院大学理学部西坂崇之教授の研究グループと産業技術総合研究所の共同研究 – 大学プレスセンター

共生細菌が示す第3形態のべん毛運動を発見 — 学習院大学理学部西坂崇之教授の研究グループと産業技術総合研究所の共同研究 – 大学プレスセンター
共生細菌が示す第3形態のべん毛運動を発見 -- 学習院大学理学部西坂崇之教授の研究グループと産業技術総合研究所の共同研究この特異なべん毛運動を示す細菌はガラス表面に捕らわれることがなかったことから、基質表面...
この記事の続きをよむ

台風21号、高い海水温で発達…三重大教授発表 – 読売新聞

台風21号、高い海水温で発達…三重大教授発表 – 読売新聞
津波で押し寄せたと想定したがれきや土砂が散乱する訓練会場では、地元の建設業者が重機でがれきを取り除き、自衛隊員らが土砂に埋まった車の中...
この記事の続きをよむ

米軍嘉手納基地、集落一変の過程 立命大教授が写真発見 – 京都新聞

米軍嘉手納基地、集落一変の過程 立命大教授が写真発見 – 京都新聞
沖縄の米軍嘉手納基地内に戦後まもなく米将校や家族が住む住宅が建てられた様子の写真を、立命館大文学部の加藤政洋教授(45)=人文地理学...
この記事の続きをよむ

地方創生の原点は何か 英知集め向き合おう 早稲田大学公共経営大学院教授 片山 善博 – 日本農業新聞

地方創生の原点は何か 英知集め向き合おう 早稲田大学公共経営大学院教授 片山 善博 – 日本農業新聞
ヒアリの防除マニュアルを作成中の五箇室長が検討しているのが、緩効性成分を使った戦略だ。 速効性の殺虫剤は成虫への効き目は鋭いが、ヒアリ...
この記事の続きをよむ

《茶況》 岩崎県立大教授 好調農家の特徴分析 – 中日新聞

《茶況》 岩崎県立大教授 好調農家の特徴分析 – 中日新聞
県立大経営情報学部の岩崎邦彦教授が、静岡市の認定農業者になっている茶農家85人の経営状況を調べ、業況について好調と答えた農家の特徴を分析し...
この記事の続きをよむ

「空の産業革命がすでに起こっている」 千葉大・野波教授が語るドローン活用の現状 – ログミー

「空の産業革命がすでに起こっている」 千葉大・野波教授が語るドローン活用の現状 – ログミー
2015年7月28日、イノベーション分野のスペシャリストをゲストに招き、朝日新聞記者と参加者がともに社会的課題の解決へのアイデアを出し合う...
この記事の続きをよむ

「空の産業革命がすでに起こっている」 千葉大・野波教授が語るドローン活用の現状 – ログミー

「空の産業革命がすでに起こっている」 千葉大・野波教授が語るドローン活用の現状 – ログミー
2015年7月28日、イノベーション分野のスペシャリストをゲストに招き、朝日新聞記者と参加者がともに社会的課題の解決へのアイデアを出し合う...
この記事の続きをよむ

岐阜大の川﨑教授、高所の枝打ちロボ開発 

岐阜新聞によれば、岐阜大工学部の川﨑晴久教授が、伝統的な木登り法にヒントを得て、 バッテリーを消費せず、木に静止できる構造を導入した「枝打ちロボット」を開発した。 スギやヒノキの人工林で人に代わって高所の枝打ちを行う林業…

マツコロイド開発者・石黒浩教授インタビュー② ロボット開発のパイオニアが考える、真に求められるUIとは? – 電通報

マツコロイド開発者・石黒浩教授インタビュー② ロボット開発のパイオニアが考える、真に求められるUIとは? – 電通報
西嶋:遠隔操作については、例えば国土交通省がヒト型の遠隔操作ロボットを重機に乗せて危険な場所で操作する、といった実験を進めているようです。...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。