高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

新聞

京野菜の担い手をTACが支援 JA京都中央一覧へ – 農業協同組合新聞

京野菜の担い手をTACが支援 JA京都中央一覧へ – 農業協同組合新聞
今年は特に「環境にやさしい新たな防除技術」として黄色LED光や性フェロモン剤を活用した害虫防除の普及に取り組んでいる。また、...
この記事の続きをよむ

創立90周年記念式典を開催 日本農薬一覧へ – 農業協同組合新聞

創立90周年記念式典を開催 日本農薬一覧へ – 農業協同組合新聞
また創立50周年にあたる1978年、自社開発第1号となる、いもち病防除剤「フジワン」の開発に成功し、研究開発型企業としての第一歩を...
この記事の続きをよむ

ドローン 国交省が一括認定 19年度上期に 高性能機 普及を促進 – 日本農業新聞

ドローン 国交省が一括認定 19年度上期に 高性能機 普及を促進 – 日本農業新聞
政府は、ドローン(小型無人飛行機)を農業利用する際に必要な機体や操縦者の認定手続きを国土交通省に一元化する。航空防除について定める農...
この記事の続きをよむ

【工事内容を写真や図面で】看板設置で現場の魅力発信! 施工会社も取り組みへ – 日刊建設通信新聞

【工事内容を写真や図面で】看板設置で現場の魅力発信! 施工会社も取り組みへ – 日刊建設通信新聞
関東地方整備局下館河川事務所が「鬼怒川緊急対策プロジェクト+1(プラスワン)」の第2弾として展開する、同プロジェクトの施工者と連携して...
この記事の続きをよむ

原発事故で出荷制限の福島 イノシシ処分苦慮 埋却負担重く 高齢狩猟者 地域維持へ奮闘 頭数が増加放棄地拡大 – 日本農業新聞

原発事故で出荷制限の福島 イノシシ処分苦慮 埋却負担重く 高齢狩猟者 地域維持へ奮闘 頭数が増加放棄地拡大 – 日本農業新聞
食い止めようと捕獲を頑張るが、地主の許可を得てスコップで1メートル以上の穴を掘って埋める作業について「高齢の狩猟者が、重機の入らない、...
この記事の続きをよむ

佐藤製作所、三重・桑名市に新工場 建機部品加工・組み立て – 日刊工業新聞

佐藤製作所、三重・桑名市に新工場 建機部品加工・組み立て – 日刊工業新聞
【津】佐藤製作所(三重県桑名市、佐藤敦社長、0594・22・1829)は、2019年8月に本社工場近くに、建設機械向け精密部品の加工仕上げや組み立て工程を担う...
この記事の続きをよむ

佐藤製作所、三重・桑名市に新工場 建機部品加工・組み立て – 日刊工業新聞

佐藤製作所、三重・桑名市に新工場 建機部品加工・組み立て – 日刊工業新聞
【津】佐藤製作所(三重県桑名市、佐藤敦社長、0594・22・1829)は、2019年8月に本社工場近くに、建設機械向け精密部品の加工仕上げや組み立て工程を担う...
この記事の続きをよむ

【ロボットでデジタルメンテへ】広島工大が「建築保全業務ロボット研究センター」を開設 – 日刊建設通信新聞

【ロボットでデジタルメンテへ】広島工大が「建築保全業務ロボット研究センター」を開設 – 日刊建設通信新聞
広島工業大学は、建築保全分野でのロボットの社会実装に向けた調査・研究に乗り出した。人手に頼っていたメンテナンス分野に対し、BIM連携を...
この記事の続きをよむ

担い手の声を地域農業振興に パワーアップ大会で意思統一 – 農業協同組合新聞

担い手の声を地域農業振興に パワーアップ大会で意思統一 – 農業協同組合新聞
同じく「JA表彰」の石川県JA小松市は5人のTAC体制。水稲主体の農業者の要望で、加工用トマトの露地栽培を導入。栽培管理・施肥防除体系の...
この記事の続きをよむ

合唱団ステージやドローン操縦体験 25日、キッズフェスタ – 大分合同新聞

合唱団ステージやドローン操縦体験 25日、キッズフェスタ – 大分合同新聞
2018キワニス☆ワンデー「キッズフェスタ」が25日午前11時から、大分市金池町の九州電力大分支社で開かれる。参加無料。 津久見樫の実少...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。