高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44841件

植物

植物病原菌の巧妙な認識回避機構 – 理化学研究所

植物病原菌の巧妙な認識回避機構 – 理化学研究所
農地では、耐病性品種の抵抗性を打破する新たな病原菌系統の出現が問題となっているため、本研究成果は、将来的な病害防除法の開発に貢献す...
この記事の続きをよむ

植物保護のためのSDGsでシンポ – 農業協同組合新聞

植物保護のためのSDGsでシンポ – 農業協同組合新聞
環境保全型農業における植物二次代謝産物の実用例と可能性:岡田憲典(東京大学生物生産工学研究センター准教授) ・トマトの難防除病害の持...
この記事の続きをよむ

植物病院を設置 栽培・防除多様化対応 農家の支援強化 JAグループ初 あいち経済連 – 日本農業新聞

植物病院を設置 栽培・防除多様化対応 農家の支援強化 JAグループ初 あいち経済連 – 日本農業新聞
JAあいち経済連は23日、大学や民間企業のネットワークを生かして病害虫や生理障害を診断する「植物病院」を、愛知県豊橋市の営農支援センタ...
この記事の続きをよむ

害虫から植物守れるか? クワの葉から新たんぱく質機能発見 – ニュースイッチ Newswitch

害虫から植物守れるか? クワの葉から新たんぱく質機能発見 – ニュースイッチ Newswitch
... を守る新しいタイプのたんぱく質機能を発見した。クワの乳液中に含まれる特定のたんぱく質(MLX56様たんぱく質)が昆虫の消化を抑制し、成...
この記事の続きをよむ

稲高温障害 植物ホルモンで回避 不稔軽減に可能性 島根大学の研究グループ – 日本農業新聞

稲高温障害 植物ホルモンで回避 不稔軽減に可能性 島根大学の研究グループ – 日本農業新聞
放棄地解消 連携が力 畑起点に地域活性化 茨城大学 学生有志 茨城大学全5学部の学生有志がプロジェクトを立ち上げ、茨城県のJA水戸や農家などと連携し...
この記事の続きをよむ

澤岻氏に地域奨励賞 植物病理学会九州支部 – 琉球新報

澤岻氏に地域奨励賞 植物病理学会九州支部 – 琉球新報
沖縄県農業研究センター名護支所・果樹班の澤岻哲也上席主任研究員はこのほど、「マンゴー病害の発生生態と防除に関する研究」で日本植物病理学会九州支...
この記事の続きをよむ

澤岻氏に地域奨励賞 植物病理学会九州支部 – 琉球新報

澤岻氏に地域奨励賞 植物病理学会九州支部 – 琉球新報
沖縄県農業研究センター名護支所・果樹班の澤岻哲也上席主任研究員はこのほど、「マンゴー病害の発生生態と防除に関する研究」で日本植物病理学会九州支...
この記事の続きをよむ

アワユキセンダングサで害虫防除 琉大植物病理研に最優秀 第1回琉球テックプランGP – 沖縄タイムス

アワユキセンダングサで害虫防除 琉大植物病理研に最優秀 第1回琉球テックプランGP – 沖縄タイムス
科学技術分野で新事業創出を支援するリバネス(東京都)は16日、可能性のある研究開発型ベンチャーを発掘、育成する「第1回琉球テックプラングランプリ」の...
この記事の続きをよむ

イネやバイオマス作物を脅かす紋枯病(もんがれびょう)から身を守るための植物免疫機構を解明 – 科学技術振興機構

イネやバイオマス作物を脅かす紋枯病(もんがれびょう)から身を守るための植物免疫機構を解明 – 科学技術振興機構
現在、紋枯病は殺菌剤を唯一の手段として防除されていますが、一部では農薬が効かない耐性菌が現れはじめており、新たな防除策の開発が急務...
この記事の続きをよむ

イネやバイオマス作物を脅かす紋枯病(もんがれびょう)から身を守るための植物免疫機構を解明 – 科学技術振興機構

イネやバイオマス作物を脅かす紋枯病(もんがれびょう)から身を守るための植物免疫機構を解明 – 科学技術振興機構
現在、紋枯病は殺菌剤を唯一の手段として防除されていますが、一部では農薬が効かない耐性菌が現れはじめており、新たな防除策の開発が急務...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。