高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 39286件

河北

<慰霊碑をたどる>8年目の被災地(2)276人、遺族の思いを刻む – 河北新報

<慰霊碑をたどる>8年目の被災地(2)276人、遺族の思いを刻む – 河北新報
近くに暮らしていた母あや子さん=当時(84)=の行方が分からない。「骨のひとかけらでも見つけてお墓に納めたい」。慰霊碑の前で祈る。 慰霊碑は地元の共に...
この記事の続きをよむ

<福島第1>2号機に開口部設ける工事、4月開始 – 河北新報

<福島第1>2号機に開口部設ける工事、4月開始 – 河北新報
... 第1原発2号機からの使用済み核燃料取り出しに向け、原子炉建屋の壁面に開口部を設ける工事を4月に始めることを明らかにした。開口部は、内部の状況を把...
この記事の続きをよむ

江尻排水機場補修を 角田市など19年度着工国に要望へ – 河北新報

江尻排水機場補修を 角田市など19年度着工国に要望へ – 河北新報
... 県内一の排水規模を誇るが、排水ポンプが劣化し、水害への備えの低下が懸念されている。 計画は補修の応急対策と耐震化の計約58億円で、国が3分...
この記事の続きをよむ

<止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(2)わが子どこに 嘆きの捜索 – 河北新報

<止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(2)わが子どこに 嘆きの捜索 – 河北新報
休暇で学校を離れていた当時の校長柏葉照幸氏が震災当日の夜、避難所で自信ありげに話していた。目の前の惨状に、むなしい響きにすらならない。 体格のい...
この記事の続きをよむ

津波で全壊の陸前高田市・本称寺 本堂再建、決意の再出発 – 河北新報

津波で全壊の陸前高田市・本称寺 本堂再建、決意の再出発 – 河北新報
東日本大震災の津波で全壊した陸前高田市の本称寺が、本堂の再建を果たして再出発した。震災で同居する家族3人を亡くしながらも住職の佐々木隆道さん(54)は「...
この記事の続きをよむ

<点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(3)気仙沼・共同店舗 計画にずれ 集客苦戦 – 河北新報

<点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(3)気仙沼・共同店舗 計画にずれ 集客苦戦 – 河北新報
飲食店を営む30代の女性はため息を漏らす。開店以来、赤字が続く。会員制交流サイトで営業に励むが、来店者が1日10人に満たないこともある。「人の流れがない。...
この記事の続きをよむ

<点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(3)気仙沼・共同店舗 計画にずれ 集客苦戦 – 河北新報

<点検・再始動 復興の理想と現実>生活基盤(3)気仙沼・共同店舗 計画にずれ 集客苦戦 – 河北新報
飲食店を営む30代の女性はため息を漏らす。開店以来、赤字が続く。会員制交流サイトで営業に励むが、来店者が1日10人に満たないこともある。「人の流れがない。...
この記事の続きをよむ

<回顧3.11焦点>七北田川 震災の影響で閉塞 その後の大雨で新たな河口 – 河北新報

<回顧3.11焦点>七北田川 震災の影響で閉塞 その後の大雨で新たな河口 – 河北新報
蒲生干潟も河口の一部となったことで、環境が崩れている」と懸念する。 七北田川の河口はかつて、2キロほど北に位置する仙台塩釜港の高砂埠頭(ふとう)周...
この記事の続きをよむ

<震災7年>旧北上川から被災クレーン 車体ゆがみ貝類付着 水深3mの川底に埋まる – 河北新報

<震災7年>旧北上川から被災クレーン 車体ゆがみ貝類付着 水深3mの川底に埋まる – 河北新報
宮城県石巻市の旧北上川河口付近の工事現場で7日、東日本大震災で被災したクレーンが引き揚げられた。 全長約15メートル、高さ約4メートルで、造船などで...
この記事の続きをよむ

震災風化防止へ伝承看板を設置 岩沼・千年希望の丘に – 河北新報

震災風化防止へ伝承看板を設置 岩沼・千年希望の丘に – 河北新報
東北地方整備局などでつくる「東日本大震災メモリアル施設整備実行委員会」は津波の威力を減衰させる岩沼市内の緑の防潮堤「千年希望の丘」に震災を伝承する看板を設置し、現地で28日、お披露目した。震災の記憶の風化を防ぐプロジェクト...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。