高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 42086件

熊本

熊本復旧現場に技能実習生 需要増、運用に問題も – 産経ニュース

熊本復旧現場に技能実習生 需要増、運用に問題も – 産経ニュース
熊本県益城町で建設会社を経営する男性は、地元の下請け業者に委託した建物解体の作業員の多くを東南アジア系の外国人が占めているのに驚い...
この記事の続きをよむ

西日本豪雨、重機で土砂撤去 熊本から被災地支援 2度の震災体験、井出順二さん – 産経ニュース

西日本豪雨、重機で土砂撤去 熊本から被災地支援 2度の震災体験、井出順二さん – 産経ニュース
熊本県南阿蘇村を拠点とするボランティア団体が、西日本豪雨の被災地に重機を運び込み、土砂の撤去作業を進めている。団体代表理事の井出順二氏...
この記事の続きをよむ

西日本豪雨、重機で土砂撤去 熊本から被災地支援 2度の震災体験、井出順二さん – 産経ニュース

西日本豪雨、重機で土砂撤去 熊本から被災地支援 2度の震災体験、井出順二さん – 産経ニュース
熊本県南阿蘇村を拠点とするボランティア団体が、西日本豪雨の被災地に重機を運び込み、土砂の撤去作業を進めている。団体代表理事の井出順二氏...
この記事の続きをよむ

とび職実習できず土木作業 比人男性、賠償求め /熊本 – 毎日新聞

とび職実習できず土木作業 比人男性、賠償求め /熊本 – 毎日新聞
訴状によると、男性は2015年から3年間の実習期間で来日したが、当初の実習先が16年8月に倒産。男性は監理団体の指示で熊本の建築会社...
この記事の続きをよむ

とび職実習できず土木作業 比人男性、賠償求め /熊本 – 毎日新聞

とび職実習できず土木作業 比人男性、賠償求め /熊本 – 毎日新聞
訴状によると、男性は2015年から3年間の実習期間で来日したが、当初の実習先が16年8月に倒産。男性は監理団体の指示で熊本の建築会社...
この記事の続きをよむ

熊本地震から2年経過も動物は戻らず、県民 “憩いの場” の悲しい現状 – 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

熊本地震から2年経過も動物は戻らず、県民 “憩いの場” の悲しい現状 – 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
その被害にあった動物園こそが県内唯一の公立動物園である熊本市動植物園だ。 県民の憩いの場として愛されてきた。ところが、地震の被害は大きく、いまだ...
この記事の続きをよむ

熊本地震「本震」から2年、264人の死者に各地で黙祷 – TBS News

熊本地震「本震」から2年、264人の死者に各地で黙祷 – TBS News
熊本地震の2度目の震度7、いわゆる本震の発生から16日で2年です。地震によって264人が亡くなった熊本は、各地で祈りの1日となっています。 黙祷が捧げ...
この記事の続きをよむ

自責の念抱え 前に 熊本地震 宿泊の夫婦犠牲 山荘オーナー 宿再建模索 遺族の言葉に救いも – 西日本新聞

自責の念抱え 前に 熊本地震 宿泊の夫婦犠牲 山荘オーナー 宿再建模索 遺族の言葉に救いも – 西日本新聞
この日を区切りに一歩を踏み出し始めた人。なおむき出しの山肌を春の雨がぬらし、更地が広がる街に復興を誓う明かりがともった。 熊本地震で宿泊客2人が犠牲になった熊本県南阿蘇村の「ログ山荘・火の鳥」は、2年たつ今も崩れた土砂とともにある。再建のめどが立たない苦境に...
この記事の続きをよむ

熊本地震2年 冥福祈る竹灯籠 日田の住民 – 読売新聞

熊本地震2年 冥福祈る竹灯籠 日田の住民 – 読売新聞
同市のボランティア団体「鶴の恩返し」に参加する住民らが企画。この日の朝から竹を切って灯籠を作り、「前進」「希望」などのメッセージを書き込んだ。 団体代表...
この記事の続きをよむ

<熊本地震から2年>がれきの山は消えても… 沖縄タイムス記者が歩いた益城町 – 沖縄タイムス

<熊本地震から2年>がれきの山は消えても… 沖縄タイムス記者が歩いた益城町 – 沖縄タイムス
12日正午前、「熊本地震から半年」の取材時と同じルートで町内に入った。補修された住宅のほか、新築に向けた重機の作業音が静かな集落に響く。地鎮祭後の宅地も2カ所あった一方で、雑草が生い茂った空き地も目立つ。がれきの山...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。