高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 37777件

神怡館を通じて交流に尽力 黒沢司満さん 「新たな活用へ県は協力を」 – 東京新聞

神怡館を通じて交流に尽力 黒沢司満さん 「新たな活用へ県は協力を」 – 東京新聞
神怡館を通じて日中の草の根交流を続けてきた黒沢司満(しま)さん(77)。廃館が決まったことに「県は小鹿野町ともっと密接に話し合い、運営方法を協議すべきだ...
この記事の続きをよむ

豊島からまた産廃汚泥 県が処分方法検討 – 毎日新聞

豊島からまた産廃汚泥 県が処分方法検討 – 毎日新聞
BIGLOBEニュース香川県は23日、不法投棄された産業廃棄物の搬出が昨春終わった豊島(同県土庄町)の処分地で産廃汚泥約30トンが新たに見つかったと発表した。1月下旬に確認された産廃汚泥約85トンのすぐ南側で発見され、県は全量を重機で取り...
この記事の続きをよむ

県県西土木小田原 734号で道路災害防除 – 建通新聞

県県西土木小田原 734号で道路災害防除 – 建通新聞
神奈川県県西土木事務所小田原土木センターは、県道734号(大涌谷小涌谷)の道路災害防除を計画しており、2017年度2月補正予算に工事費を計上した。 現在、アーバン測量設...
この記事の続きをよむ

「おいしい水」9ヵ所、県認定 – 福井新聞

「おいしい水」9ヵ所、県認定 – 福井新聞
【10年前のきょう・2008年2月22日】県内の飲めるわき水などを「ふくいのおいしい水」として認証している県は二十二日、新たに小浜市浅間の滝の水など九カ...
この記事の続きをよむ

【県産米の味と質】改良を続け変化に勝つ(2月15日) – 福島民報

【県産米の味と質】改良を続け変化に勝つ(2月15日) – 福島民報
県はおいしさや品質とともに、暑さ寒さや病害虫への強さ、収量の多さなどの特長を持つ品種の開発に努めてきた。1989年度以降で「天のつぶ」や「里山のつぶ...
この記事の続きをよむ

アライグマ専用わな、県が共同開発 – 読売新聞

アライグマ専用わな、県が共同開発 – 読売新聞
県は07年に「県アライグマ防除実施計画」を定め、わな猟免許を持たない自治体職員でも研修を受けて市町村に登録すれば、箱わなを設置し捕獲できるようにした。昨...
この記事の続きをよむ

ハダニ類発生、イチゴ注意を 県農業技術防除センター – 佐賀新聞

ハダニ類発生、イチゴ注意を 県農業技術防除センター – 佐賀新聞
佐賀県内のイチゴにハダニ類の発生が増加しているとして、県農業技術防除センターは1月30日、病害虫発生予察注意報を出した。ほ場の状況を確認し、発生してい...
この記事の続きをよむ

さがびより生産拡大へ 18年県産米で方針確認 – 佐賀新聞

さがびより生産拡大へ 18年県産米で方針確認 – 佐賀新聞
2018年の佐賀県産米の振興方針を示す「佐賀米さいこう運動推進研修大会」が24日、小城市であった。生産者ら約500人が集まり、小売店や飲食店の評価が高...
この記事の続きをよむ

大野署が災害時支援で県建設業協会と協定(1/16(火) 17:07) – 大分放送

大野署が災害時支援で県建設業協会と協定(1/16(火) 17:07) – 大分放送
災害現場での迅速な人命救助に向けて、豊後大野警察署と県建設業協会が建設機械の貸し出しをはじめとした支援に関する協定を結びました。15日は豊後大...
この記事の続きをよむ

アライグマ被害が急増 ペット用が野生化、実はどう猛 10市町で生息確認 県など防除に本腰 [熊本県] – 西日本新聞

アライグマ被害が急増 ペット用が野生化、実はどう猛 10市町で生息確認 県など防除に本腰 [熊本県] – 西日本新聞
実は、農作物に被害をもたらす特定外来生物の一種。九州北部の各県では被害が深刻化し、生息確認数が少なかった県内でも近年急増している。担当者は「被害が...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。