高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 43059件

農作物

農作物の鳥獣被害が4年ぶり減 17年度の栃木県内、3億3600万円 – 下野新聞

農作物の鳥獣被害が4年ぶり減 17年度の栃木県内、3億3600万円 – 下野新聞
県内の2017年度の野生鳥獣による農作物被害額は、前年度比12%減の3億3600万円と4年ぶりに減少したことが、17日までに県のまとめ...
この記事の続きをよむ

高温・少雨農作物に被害 福島で緊急会議 県、対策周知強化へ – 福島民報

高温・少雨農作物に被害 福島で緊急会議 県、対策周知強化へ – 福島民報
高温と乾燥で水稲をはじめ多品目で害虫が多発している上、高温によるトマトなどの落花、降雨不足に伴うモモの収穫量減少、野菜や果...
この記事の続きをよむ

台風接近で花火や祭りの中止相次ぐ 浸水や農作物被害も懸念 埼玉 – 産経ニュース

台風接近で花火や祭りの中止相次ぐ 浸水や農作物被害も懸念 埼玉 – 産経ニュース
一方、昨年10月の台風21号で浸水被害が出た川越市は30日に納車する予定だった排水ポンプ車の納車を27日に繰り上げた。同市とふじみ野市...
この記事の続きをよむ

トビイロシワアリの農作物被害を確認 県内初、有効な農薬なし – 中日新聞

トビイロシワアリの農作物被害を確認 県内初、有効な農薬なし – 中日新聞
県は二十五日、アリの在来種トビイロシワアリによる農作物への被害を県内で初めて確認したと発表した。屋久島以北の国内に広く生息する在来種で...
この記事の続きをよむ

【平成30年度農薬危害防止運動】農作物・生産者・環境の安全を一覧へ – 農業協同組合新聞

【平成30年度農薬危害防止運動】農作物・生産者・環境の安全を一覧へ – 農業協同組合新聞
農林水産省の「平成30年度病害虫発生予報第1号」(4月18日付)および「同第2号」(5月16日付)によると、多発が予測され早めに防除措...
この記事の続きをよむ

農作物冠・浸水800ヘクタール 豪雨の秋田県 – 日本農業新聞

農作物冠・浸水800ヘクタール 豪雨の秋田県 – 日本農業新聞
... 同市協和地区の水田2・2ヘクタールが冠水の被害に遭った。畦畔や農道が水没し、水田の隅には流れてきた稲わらが水面10メートル以上にわた...
この記事の続きをよむ

外来種ツルヒヨドリ 名護で確認 農作物に影響 懸念 – 琉球新報

外来種ツルヒヨドリ 名護で確認 農作物に影響 懸念 – 琉球新報
【名護】世界の侵略的外来種ワースト100に挙げられるツルヒヨドリが本島中部から北部にまで拡大している。ツルヒヨドリは南北アメリカの熱帯地域を原産地とする...
この記事の続きをよむ

台風21、22号の農作物被害5.5億円 群馬 – 産経ニュース

台風21、22号の農作物被害5.5億円 群馬 – 産経ニュース
10月に台風21号、22号が接近した影響で、県内で生じた農作物の被害額が5億5005万8千円に上ることが15日、県のまとめで分かった。 県技術支援課による...
この記事の続きをよむ

緑色光で農作物の病害予防 /四国 – 毎日新聞

緑色光で農作物の病害予防 /四国 – 毎日新聞
イチゴに青や赤、緑などの光を当てて遺伝子を解析したところ、緑色光に病害虫防除などの効果があることが分かった。農薬を使わなくて済む利点もあ...
この記事の続きをよむ

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix … – ガジェット通信

スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix … – ガジェット通信
スマホで撮影するだけで農作物の異常が診断できるスマホアプリ「Plantix ...独ハノーファーで2015年に創設されたスター...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。