高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44841件

遺構

築101年の駅舎や遺構を残す台中駅、歴史伝える解説看板設置へ/台湾 – 中央社フォーカス台湾

築101年の駅舎や遺構を残す台中駅、歴史伝える解説看板設置へ/台湾 – 中央社フォーカス台湾
台中 24日 中央社)台中市政府は23日、新旧三代の駅舎や遺構が共存する台中駅の特徴を紹介する解説看板を同駅に設置すると発表し...
この記事の続きをよむ

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞
神社は国選択無形民俗文化財「長野岩戸神楽」で知られ、鳥居は1917年に天草地方の石工が造ったとされる。昨年4月、地震により鳥居は壊れて...
この記事の続きをよむ

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞
神社は国選択無形民俗文化財「長野岩戸神楽」で知られ、鳥居は1917年に天草地方の石工が造ったとされる。昨年4月、地震により鳥居は壊れて...
この記事の続きをよむ

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞

県、南阿蘇村の保存遺構候補外 震災鳥居残った 「後世に」と住民ら動く 長野阿蘇神社 [熊本県] – 西日本新聞
神社は国選択無形民俗文化財「長野岩戸神楽」で知られ、鳥居は1917年に天草地方の石工が造ったとされる。昨年4月、地震により鳥居は壊れて...
この記事の続きをよむ

津波被害の校舎を震災遺構に 工事始まる 宮城 気仙沼 – NHK

津波被害の校舎を震災遺構に 工事始まる 宮城 気仙沼 – NHK
午前中から作業員5人が出て、重機を使って津波で流された武道場の基礎部分やがれきを撤去する作業を行いました。 今後、周辺のがれきを取り...
この記事の続きをよむ

津波被害を受けた高校を震災遺構に 宮城 気仙沼 – NHK

津波被害を受けた高校を震災遺構に 宮城 気仙沼 – NHK
午前中から作業員5人が出て、重機を使って津波で流された武道場の基礎部分やがれきを撤去する作業を行いました。今後、周辺のがれきを取り除...
この記事の続きをよむ

大船渡、震災遺構の時計塔を撤去 

岩手日報によれば、大船渡市は同市大船渡町の茶茶丸パーク時計塔を一時撤去した。 東日本大震災の震災遺構として保存する時計塔は、高さ4メートル、横最大2・5メートルで重さは3トン近くある。 土地区画整理事業の盛り土工事に伴う…

旧海軍牛尾実験所跡、大井川治水工事で取り壊し 消えゆく遺構に惜しむ声 – 産経ニュース

旧海軍牛尾実験所跡、大井川治水工事で取り壊し 消えゆく遺構に惜しむ声 – 産経ニュース
ガガガガッ」。15日午後1時ごろ、重機の先端に付けられた破砕機がコンクリート製の基礎に突き刺さると、実験所電源室の跡地は次々と崩れていった。「70年も残っていた遺跡なのに、あまりにもあっけない最期だ」。「牛...
この記事の続きをよむ

丸岡城二の丸石垣遺構の発掘開始 – 福井新聞

丸岡城二の丸石垣遺構の発掘開始 – 福井新聞
今月10、11日にはアスファルトをめくり、石垣に直接関係のない部分の土砂を重機で掘り下げていた。 この日は、市の公募で集まった10人と市文...
この記事の続きをよむ

鬼場城(茅野市)の遺構を後世に 現地学習会で説明看板設置 – 長野日報

鬼場城(茅野市)の遺構を後世に 現地学習会で説明看板設置 – 長野日報
茅野市の「永明寺山ふれあいの森を創る会」(細田岩信会長)は11日、同市米沢埴原田地籍にある鬼場(おにば)城址の現地学習会を開いた。親子連...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。