高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44831件

釜石市

(下)釜石市消防団第4分団・野田光利分団長(71) – 産経ニュース

(下)釜石市消防団第4分団・野田光利分団長(71) – 産経ニュース
急峻なリアス式海岸の延焼地点まで適当な間隔で配置したポンプ車7~8台をホースでつなぎ、早期消火につなげた。 「ものすごい風でどこに飛び...
この記事の続きをよむ

(下)釜石市消防団第4分団・野田光利分団長(71) – 産経ニュース

(下)釜石市消防団第4分団・野田光利分団長(71) – 産経ニュース
急峻なリアス式海岸の延焼地点まで適当な間隔で配置したポンプ車7~8台をホースでつなぎ、早期消火につなげた。 「ものすごい風でどこに飛び...
この記事の続きをよむ

ガントリークレーン本格稼働へ/岩手・釜石市 – ニュースエコー 岩手放送

ガントリークレーン本格稼働へ/岩手・釜石市 – ニュースエコー 岩手放送
これに合わせて復興支援で、大阪府から無償で岩手県に譲渡され先月、釜石港に設置された、コンテナを運搬する「ガントリークレーン」も本格的に稼働し...
この記事の続きをよむ

大阪府支援のガントリークレーンが到着/岩手・釜石市 – ニュースエコー 岩手放送

大阪府支援のガントリークレーンが到着/岩手・釜石市 – ニュースエコー 岩手放送
港に設置してコンテナの積み下ろしを効率的に行うことができる「ガントリークレーン」です。これはもともと大阪府の堺泉北港に設置されていたもの...
この記事の続きをよむ

釜石市鵜住居地区の追悼施設、移転

岩手日報によれば、2013年8月に設置され、遺族をはじめ市内外の人々が手を合わせる場として利用されてきた追悼施設が、かさ上げ工事の進行に伴い、釜石市鵜住居地区防災センター跡地付近から同地区内の常楽寺(藤原育夫住職)の境内…

復興の食卓担う 米穀店 震災乗り越え営業 岩手県釜石市 – 日本農業新聞

復興の食卓担う 米穀店 震災乗り越え営業 岩手県釜石市 – 日本農業新聞
震災当時、地元消防団に所属する博満さんはポンプ車に乗り込み、住民に避難を呼び掛けた。津波は店舗兼住宅の3階近くに達した。それでも3カ...
この記事の続きをよむ

震災から八カ月…釜石市の車から遺体発見 – サンケイスポーツ

震災から八カ月…釜石市の車から遺体発見 – サンケイスポーツ
岩手日報家族は市の窓口で、車の仮置き場を確認、指定された同市片岸町の団地に知人と向かった。 仮置き場には車数台が積み重なっており、下のほうに男性が乗っていた白いワゴン車があった。知人が重機で...
この記事の続きをよむ

【東日本大震災パノラマ Vol.128】 大型船は近く撤去へ 釜石市 – MSN産経ニュース

【東日本大震災パノラマ Vol.128】 大型船は近く撤去へ 釜石市 – MSN産経ニュース
岩手日報岩手県釜石市の釜石港では、津波で岸壁に乗り上げたままとなっているパナマ船籍の大型貨物船「アジア・シンフォニー」(4724トン)の撤去に向けた作業が行われている。 船体は10月中旬、クレー...
この記事の続きをよむ

陸自和歌山駐屯地が釜石市に隊員派遣 – 日高新報

陸自和歌山駐屯地が釜石市に隊員派遣 – 日高新報
美浜町の陸上自衛隊第304水際障害中隊・和歌山駐屯地は、震災発生直後から岩手県釜石市へ市街地復旧活動の隊員を派遣している。沿岸部の...
この記事の続きをよむ

民有地のガレキ撤去始まる 岩手・釜石市 「この地で工場再開」 – MSN産経ニュース

民有地のガレキ撤去始まる 岩手・釜石市 「この地で工場再開」 – MSN産経ニュース
震災後、国道や県道、市道をふさいだガレキの撤去が行われ、車の通行の便は改善されたが、民有地のガレキが残されたままとなっていた。 ...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。