高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 42086件

防除

猛暑の影響で蚊が減少も油断大敵…発生条件が整ってきている? – livedoor

猛暑の影響で蚊が減少も油断大敵…発生条件が整ってきている? – livedoor
さらに、気温35度以上の猛暑日になると蚊の活動自体も鈍るという。ただ、油断は禁物だ。専門家によると、蚊の活動が活発なのは気温が25度から3...
この記事の続きをよむ

雑草対策の失敗を防ぐ「太陽光発電所版IPM」とは何か? (1/2) – ITmedia

雑草対策の失敗を防ぐ「太陽光発電所版IPM」とは何か? (1/2) – ITmedia
今回は連載第2回の「太陽光発電のトラブルにつながる雑草、知っておきたい代表種」と、前回紹介した「草刈作業」のリスクを踏まえ、経済性、実務...
この記事の続きをよむ

リンゴ主産地“ぴりぴり” 木焼却、対策検討急ピッチ 黒星病厳戒 – 日本農業新聞

リンゴ主産地“ぴりぴり” 木焼却、対策検討急ピッチ 黒星病厳戒 – 日本農業新聞
全国一の生産量がある青森県では全域で黒星病が発生。これまでの主要な薬剤が効きにくい事例も発生。感染が確認された木の焼却などの対策が...
この記事の続きをよむ

害虫駆除の専門家に聞く!蚊に刺されたときの適切な対処とは!? – ガジェット通信

害虫駆除の専門家に聞く!蚊に刺されたときの適切な対処とは!? – ガジェット通信
そんな外に出るイベントの多い夏。だが、この季節、外で遊ぶときに虫刺されはつきもの…。対策をしなければ刺されてしまうこともしばしば。刺す...
この記事の続きをよむ

茨城)「カイコだけ」にヒント 桑に害虫防ぐ成分発見 – 朝日新聞社

茨城)「カイコだけ」にヒント 桑に害虫防ぐ成分発見 – 朝日新聞社
桑の葉から分泌される乳液に、野菜の害虫の成長を阻害する成分が含まれていることを、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つく...
この記事の続きをよむ

果樹カメムシ今年も警戒を 14県が注意報 薬剤散布、袋掛け、ネット…防除「速やかに」 農水省 – 日本農業新聞

果樹カメムシ今年も警戒を 14県が注意報 薬剤散布、袋掛け、ネット…防除「速やかに」 農水省 – 日本農業新聞
農水省は、2018年度の果樹カメムシ類の発生が東海、近畿、四国、九州の14県で平年より多くなると予測する。発生が多かった昨年並みと見込...
この記事の続きをよむ

イノシシ天国、撃退に燃える集落 – 福井新聞

イノシシ天国、撃退に燃える集落 – 福井新聞
2017年に鳥獣被害を受けた福井県内の農地面積は148ヘクタールとなり、県が統計を取り始めた03年以降で最小になった。被害を減らすために...
この記事の続きをよむ

なぜ?名古屋市守山区でアライグマ捕獲急増 – オピ・リーナ

なぜ?名古屋市守山区でアライグマ捕獲急増 – オピ・リーナ
松野穂波). アライグマは家屋への侵入や農作物の被害、ふんの臭いなどが問題になり、名古屋市が2011年に防除計画を策定。センターは、市民からの相談に応じて捕獲わなを設置している。 センターによると、7月...
この記事の続きをよむ

アライグマ捕獲、名古屋・守山で急増 17日間で10匹 – 中日新聞

アライグマ捕獲、名古屋・守山で急増 17日間で10匹 – 中日新聞
名古屋市守山区で、特定外来生物に指定されているアライグマの捕獲数が七月下旬から急増している。なごや生物多様性センター(天白...
この記事の続きをよむ

病害虫防除でのドローン活用支援 JA阿新、省力・効率化を期待 – 山陽新聞

病害虫防除でのドローン活用支援 JA阿新、省力・効率化を期待 – 山陽新聞
JA阿新(新見市高尾)は本年度、農家の要望を受け、水稲の病害虫防除に小型無人機ドローンの活用を支援している。炎天下、噴霧器を背負ったり、...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。