高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 42086件

開発

AIを活用した重機の安全装置「クアトロアイズ」を開発、大林組 – ITmedia

AIを活用した重機の安全装置「クアトロアイズ」を開発、大林組 – ITmedia
大林組は2018年7月25日、作業員の姿勢やヘルメットの形状をAIに認識させ、建設重機に搭載した複数のカメラで、危険性がある場合...
この記事の続きをよむ

建設重機に着脱可能な遠隔操作装置を開発、フジタ (1/2) – ITmedia

建設重機に着脱可能な遠隔操作装置を開発、フジタ (1/2) – ITmedia
フジタは、建機の遠隔操縦装置で1999年に初号機となる「ロボQ」を開発。途中、ロボQ2へのリニューアルをはさみ、現在までの間に、国土交...
この記事の続きをよむ

日刊建設工業新聞 » 大林組/重機接触防止安全装置開発/AIが作業 … – 日刊建設工業新聞社

日刊建設工業新聞 » 大林組/重機接触防止安全装置開発/AIが作業 … – 日刊建設工業新聞社
日刊建設通信新聞日刊建設工業新聞 » 大林組/重機接触防止安全装置開発/AIが作業 ...大林組は25日、作業員の接近を検知して重機との接触を防止する安全装置「クアトロアイズ」を開発したと発表した。バックホウや...
この記事の続きをよむ

エフィーダを欧州で共同開発 クミアイ化学 – 農業協同組合新聞

エフィーダを欧州で共同開発 クミアイ化学 – 農業協同組合新聞
クミ化が開発したエフィーダは、ムギ類、水稲に極めて高い安全性を示し、広葉雑草やカヤツリグサ科雑草に高い除草効果をもつトリケトン化合物...
この記事の続きをよむ

【宅造にもICT建機】13tクラスの新型油圧ショベルなど開発 日立建機 – 日刊建設通信新聞

【宅造にもICT建機】13tクラスの新型油圧ショベルなど開発 日立建機 – 日刊建設通信新聞
日立建機は、i-Constructionが都市内の小規模土木工事などにも広がることを見据え、13tクラスの新型ICT油圧ショベル「ZX135USX...
この記事の続きをよむ

「重機搭載レーザー計測システム」を共同開発(ニュースリリース) – 時事通信

「重機搭載レーザー計測システム」を共同開発(ニュースリリース) – 時事通信
大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、ジオサーフCS株式会社(本社:東京都港区 社長:内山雅之)と...
この記事の続きをよむ

エスシー・マシーナリ/現場の建機管理システム開発/ICタグで稼働状況を効率把握 [2018年7月13日3面] – 日刊建設工業新聞社

エスシー・マシーナリ/現場の建機管理システム開発/ICタグで稼働状況を効率把握 [2018年7月13日3面] – 日刊建設工業新聞社
清水建設の子会社で建設機械リースのエスシー・マシーナリ(横浜市瀬谷区、上田種男社長)は、建設現場内で使用する建設機械の稼働状況をICタ...
この記事の続きをよむ

AI基盤の掘削機、現代建設機械が開発 – NNA.ASIA

AI基盤の掘削機、現代建設機械が開発 – NNA.ASIA
韓国の建設機械メーカーの現代建設機械は10日、情報通信技術(ICT)と人工知能(AI)基盤の「マシンガイダンス」システムを搭載した掘削機を独...
この記事の続きをよむ

甘くて病気に強い「バンビーナ」の試食会を実施 近畿大学農学部と株式会社松井農園の共同開発メロン – 財経新聞

甘くて病気に強い「バンビーナ」の試食会を実施 近畿大学農学部と株式会社松井農園の共同開発メロン – 財経新聞
近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科 教授野々村照雄らは、株式会社松井農園(以下 松井農園)との共同研究で、メロンが枯れてしまう病気「フザリウム病」に...
この記事の続きをよむ

日航がオリジナルワイン、マスター大橋氏が開発 – NNA.ASIA

日航がオリジナルワイン、マスター大橋氏が開発 – NNA.ASIA
【共同】日航は26日、国際線のエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスで提供するオリジナルワインを公開した。世界でも保有者が限ら...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。