高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

塚原地区、 生活ごみ仮置き場一部供用開始

福島民報によれば、環境省は3日、旧警戒区域の南相馬市小高区塚原地区で整備を進める仮置き場4・8ヘクタールのうち、0・5ヘクタールが整備を終え一部で供用を開始した。

地区住民が持ち込んだ生活ごみを市内の業者が、地区内の3カ所に設けられた臨時集積所に回収し、約100キロ~200キロずつ袋に詰めてクレーン車で積み上げた。

周辺住民から理解を得られず、同市原町区にある市内唯一の焼却施設で処分できずにいた避難区域の生活ごみを、塚原地区をはじめ、小高区村上、浦尻地区と原町区小沢地区の計4カ所に、仮置き場を設置し回収する予定だ。
塚原地区を除く3カ所は来年度以降に供用開始する予定だ。

関連リンク

福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/201212045265

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitterでも配信中です。