高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44876件

オリーブの葉 収量アップへ…県、試験栽培 – 読売新聞

オリーブの葉 収量アップへ…県、試験栽培 – 読売新聞
飼料用のオリーブの葉を確保するため、県は収量アップに向けた試験栽培に乗り出す。「オリーブハマチ」の人気が高まる一方、農園での疫病流行で餌...
この記事の続きをよむ

オリーブの葉 収量アップへ…県、試験栽培 – 読売新聞

オリーブの葉 収量アップへ…県、試験栽培 – 読売新聞
飼料用のオリーブの葉を確保するため、県は収量アップに向けた試験栽培に乗り出す。「オリーブハマチ」の人気が高まる一方、農園での疫病流行で餌...
この記事の続きをよむ

農研機構 クワの葉乳液で害虫防除 成長阻害タンパク質発見 – 茨城新聞

農研機構 クワの葉乳液で害虫防除 成長阻害タンパク質発見 – 茨城新聞
昆虫の成長を阻害するタンパク質は害虫防除の農薬などに利用されているが、種類は限られている。このうち農業で広く利用されているバクテリア由来...
この記事の続きをよむ

害虫から植物守れるか? クワの葉から新たんぱく質機能発見 – ニュースイッチ Newswitch

害虫から植物守れるか? クワの葉から新たんぱく質機能発見 – ニュースイッチ Newswitch
... を守る新しいタイプのたんぱく質機能を発見した。クワの乳液中に含まれる特定のたんぱく質(MLX56様たんぱく質)が昆虫の消化を抑制し、成...
この記事の続きをよむ

ハムシは共生細菌の酵素の助けで葉を消化 – 産業技術総合研究所

ハムシは共生細菌の酵素の助けで葉を消化 – 産業技術総合研究所
... 消化に関わることは知られていたが、今回、共生細菌によるペクチン消化が生きた植物組織の利用に重要な役割を果たすことを初め...
この記事の続きをよむ

杉の葉 揉捻・発酵 紅茶に 林家と連携、商品化 埼玉の茶農家 – 日本農業新聞

杉の葉 揉捻・発酵 紅茶に 林家と連携、商品化 埼玉の茶農家 – 日本農業新聞
狭山茶の産地、埼玉県入間市豊岡の増田園本店の増田恒治さん(69)は、杉の葉を発酵させた「杉の紅茶」を開発し、販売を始めた。杉の葉を使った茶は...
この記事の続きをよむ

葉いもちから稲いもちへの移行に注意 病害虫発生予報第7号 – 農業協同組合新聞

葉いもちから稲いもちへの移行に注意 病害虫発生予報第7号 – 農業協同組合新聞
農林水産省は9月18日、「病害虫発生予報第7号」を発表した。葉いもちが多発している地域では稲いもちに移行しないよう、またトビイロウンカに...
この記事の続きをよむ

光の葉まとう ページェント電球取り付け開始 – 河北新報

光の葉まとう ページェント電球取り付け開始 – 河北新報
仙台市で12月12日に開幕する「2014SENDAI光のページェント」(実行委員会主催)に向け、ケヤキ並木に電球を取り付ける作業が20日夜、...
この記事の続きをよむ

水稲、葉いもち・カメムシの発生増える – 農業協同組合新聞

水稲、葉いもち・カメムシの発生増える – 農業協同組合新聞
また、斑点カメムシ類の防除については、生息地となる休耕田、畦畔および水田周辺の雑草を管理し、密度を低減せさせることが基本で...
この記事の続きをよむ

アブラナ科野菜の葉、壊死 「黒斑細菌病」と特定 県病害虫防除所 – 信濃毎日新聞

アブラナ科野菜の葉、壊死 「黒斑細菌病」と特定 県病害虫防除所 – 信濃毎日新聞
県病害虫防除所(須坂市)は4日、県内各地で栽培しているキャベツなどのアブラナ科野菜に数年前から多発している葉が壊死(えし)し...
この記事の続きをよむ
Twitterでも配信中です。