高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44842件

トピックス

釜石市鵜住居地区の追悼施設、移転

岩手日報によれば、2013年8月に設置され、遺族をはじめ市内外の人々が手を合わせる場として利用されてきた追悼施設が、かさ上げ工事の進行に伴い、釜石市鵜住居地区防災センター跡地付近から同地区内の常楽寺(藤原育夫住職)の境内…

イベント「働く自動車展」開催

マイナビニュースによれば、埼玉県さいたま市にある鉄道博物館とJR東日本は、3月21日、イベント「働く自動車展」を開催する。 同博物館の「てっぱくひろば」にて開催される同イベントは、鉄道の現場で働く車両を一堂に集めて展示す…

古河ユニック、タイで新家屋を建設し生産設備を増強

タイランド通信によれば、古河機械金属の子会社である古河ユニックが既存工場の敷地内に新家屋を建設し生産設備を増強したと発表した。 生産設備の増強は、タイでユニッククレーン及びミニ・クローラクレーンの生産販売するフルカワ・ユ…

木造家屋の労災防止協、安全パトロールを実施

紀伊民報によれば、和歌山県の田辺地方の木造建築に携わる工事関係者の組合など8団体で構成される田辺地区木造家屋建設工事関係労働災害防止協議会は、施工中の木造家屋建築工事現場で安全パトロールを実施した。 木造建築現場における…

アメリカで屋根の雪下ろしで新しいツール

ガジェット通信によれば、北国に住む人々にとっては屋根の雪下ろしは大作業で、スコップなどで掻き下ろすのが日本の雪国で見られる一般的なスタイル。 一方、アメリカでは積もった雪の下にシートを差し込んで滑り落とすタイプの雪下ろし…

城辺友利の崖下ごみの撤去に着手

宮古毎日新聞によれば、1350トンあると推定される城辺友利の海岸線の崖下に不法投棄されたごみの撤去作業が始まり、ごみを大きな袋にまとめると崖の上にいる作業員と無線で連絡を取り合い、クレーンでつり上げる作業を繰り返している…

今治造船、ドックを新設

NHKによれば、愛媛県に本社がある造船最大手の「今治造船」は香川県丸亀市にある工場内に16年ぶりにドックの新設に踏み切ることになった。 同社は今後、受注の拡大が見込めるとして、およそ400億円を投じて全長600メートル、…

防衛局、辺野古に数十トンブロック投入し作業開始

琉球新報によれば、名護市辺野古の米軍新基地建設で、大型クレーン船など作業船計7隻が大浦湾に到着し、浮具や浮具を固定するための数十トン規模のコンクリートブロックを設置するこれまでで最大規模の海上作業を開始した。 翁長雄志知…

コベルコクレーン、シンガポールにて「コベルコグローバルパーツセンター」設立

物流ニュースリリースによれば、中期計画においてアジア・パシフィック地区でのプレゼンス強化を掲げているコベルコクレーン株式会社は、2015年1月1日、シンガポールに「コベルコグローバルパーツセンター」(KGPC)を設立し、…

名鉄、「大人の社会科見学 in 舞木検査場」開催

レスポンスによれば、名古屋鉄道(名鉄)は2月21日、車両基地見学イベント「大人の社会科見学 in 舞木検査場」を実施する。 中学生以上の大人のみを対象にした同イベントは、当日9時、名古屋本線豊明駅(愛知県豊明市)の改札口…

Twitterでも配信中です。