高所作業やクレーン車の最新ニュース

  • 掲載記事数: 44844件

トピックス

岐阜大の川﨑教授、高所の枝打ちロボ開発 

岐阜新聞によれば、岐阜大工学部の川﨑晴久教授が、伝統的な木登り法にヒントを得て、 バッテリーを消費せず、木に静止できる構造を導入した「枝打ちロボット」を開発した。 スギやヒノキの人工林で人に代わって高所の枝打ちを行う林業…

清水建設、新施設「先端地震防災研究棟」を完成

日刊工業新聞によれば、清水建設は4日、技術研究所(東京都江東区)に新施設「先端地震防災研究棟」を完成、本格運用を始めたと発表した。 長周期地震動による超高層ビルのゆっくりとした大きな揺れを再現する大振幅振動台を備えた新施…

JR鹿島駅で地震による震災などに備えるために避難訓練

福島民報によれば、JR東日本、相馬地方広域消防本部、南相馬署が、南相馬市のJR常磐線鹿島駅構内で、地震による震災などに備えるために避難訓練が行った。 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から11日で4年を迎えるが、同訓…

三菱電機、「クレーン専用インバータ FR-A800-CRN」発売

PR TIMESによれば、三菱電機株式会社は、「クレーン専用インバータ FR-A800-CRN」を2015年1月より発売した。 独自の制振制御等によるタクトタイム向上や、ずり下がり対策など、クレーン用途に最適な機能を多数…

トンネルと車両を使った列車火災への対応訓練実施

神戸新聞によれば、JR西日本福知山支社や警察、消防から計約50人が参加して実際のトンネルと車両を使った列車火災への対応訓練が、兵庫県朝来市生野町川尻、JR播但線の伯耆トンネルで行なわれ、負傷者の救出や情報伝達で連携を確認…

養老鉄道西大垣駅で地震備え総合訓練

中日新聞によれば、大垣市木戸町の養老鉄道西大垣駅で、美濃中西部を震源とする震度6の地震で、二両編成の列車が停止し後部車両が脱線、床下から煙が出たと想定した総合訓練があり、同社や親会社の近鉄などから六十人が参加し、乗客誘導…

市内各所 新幹線開業合わせ、雪つり外し

中日新聞によれば、降雪から木々を守っていた雪つりを取り外す作業が北陸新幹線金沢開業に合わせて、今年は例年より一週間ほど早く、金沢市内で始まった。 丸の内の外濠(そとぼり)公園では、造園業者の四人がはしごに上って、高さ約四…

オプテックス、LED調光照明「LC-11000SW」を3月9日より発売

PR TIMESによれば、オプテックス株式会社は、LED調光照明「LC-11000SW」を3月9日より発売する。 屋外の中型から大型駐車場(駐車台数20台以上の月極、時間貸、商業施設)向けの同製品の大きな特徴は、センシン…

新潟大生、橋の補修工事の現場見学会に参加

新潟日報によれば、信濃川本流から分かれ日本海に注ぐ新潟市の関屋分水路で建設分野の人材を育成するために、橋の補修工事の現場見学会が開催され、土木工学を学ぶ4年生8人と大学院生3人が参加した。 現場見学会では、橋桁のコンクリ…

新巡視船「わかさ」、舞鶴海上保安部に配属 

京都新聞によれば、第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)は、1978年に就役した旧「わかさ」の老朽化が進んだため、約56億円をかけて岡山県玉野市の造船所で建造した新造した巡視船「わかさ」が同日付で舞鶴海上保安部に配属された…

Twitterでも配信中です。